少年2人の任意同行を見学

愛知県春日井市の県立児童自立支援施設「愛知学園」で、入所中の少年2人が警察官に任意同行される様子を、学園側が他の入所者に見せていたことが23日、わかった。

yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070223-00000015-yom-soci

わざわざニュースにする必要もないような事だとは思うが、この自立支援施設の園長は「実態を知らせることが必要で、判断は間違っていない。一定の効果があると思っている」と主張したという。

ごもっともです。あたり前です。

知事をはじめ苦言を呈した者たちの、臭いものに蓋というか、タブーとして扱い、見せない事こそ是という考え方こそ問題です。

そうやって子供や少年達に世の中のルールや厳しい現実を見せないようにしてきたから、少年犯罪が増加し「キレル子供」を量産する結果となったのではなかろうか。

今の世の中、大人が少年達に怯えて見てみぬ振りをし凶悪な少年を増幅しているのです。
この園長は、そういった世の中の大多数を占める無責任な大人達よりも、正義を理解し自らの信念をしっかり持っておられる正しい大人だと思う。
posted by ぷあワーカー at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 応援します
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。