私設私書箱で広がる闇社会?

最近、あるサイトで私設私書箱というのを知った。

郵便局の「私書箱」というのは知っていたが(もちろん利用した事はない)私設・・・要するに「民間の」という意味らしい。

私設私書箱とは、自宅とは別の住所に届いた郵便物や荷物などを、自宅へ転送してくれるサービスのことで、最近利用者が急増しているとの事。

自分の住所などを、安易に公衆の目にさらしたくない・・といったニーズに答えるサービスなのだろう。
確かに、ストーカー予防やプライバシーの保護などに役立ちそうだ。

が、サービス利用者が善人ばかりとは言えないわけで・・・・
例えば、自分を隠してヤバイ物を受け取りたいといった利用者もいるだろう。

私設私書箱と似たようなサービスで電話転送(逆転送とも言う)というのもあるが、これは悪徳商法や詐欺などの犯罪に利用されることが非常に多いらしい。

「フリーコールにおつなぎします」という電話には要注意。


「夫の浮気・解決法」
イマドキの闇金事情
posted by ぷあワーカー at 21:04 | Comment(0) | 感心した事

ブッシュ大統領、靴を投げられても余裕。

記者会見中のジョージ・W・ブッシュ米大統領が地元テレビ局の記者に靴を投げられる。という事件が起きた。

イラク人のムンタゼル・ザイディ記者の放った第一投目。
ザイディ記者はなにやら叫びながらおそらく自分が履いていたであろう革靴をブッシュ大統領の顔面めがけて投げつけた。

見事なコントロールでブッシュ大統領の顔面を狙ったストライク球だったが、これを60歳を超えたブッシュ大統領は、これまた見事な反射神経で身体を横に曲げ(スウェー)かわしてみせた。

続く第2投目。
第1投目から連続して放った2投目は、ややコントロールが甘く、高めに浮いてしまい、余裕でかわされてしまった。

地元記者の行動はあっぱれだが、やはり第1投目からクイックモーションで投げていれば・・・と惜しまれる投球内容だったな。

ブッシュ大統領がイラクに来訪するにあたっては、当然現地の人々の神経を逆なでするリスクは想定していたはずで、その意味ではある程度予想していた事件だったかもしれない。
むしろ予想外だったのは、SPが立ちはだかって飛来する靴の盾になってくれなかったことだったのではなかろうか。

拳銃でなくてよかったね♪ よっ大統領!!


posted by ぷあワーカー at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感心した事

不満ぶちまけサイトのご盛況

仕事などの不満をコメントに書き込む連合のサイトが人気らしい。

例えば、派遣社員が給料から交通費を払っているとか、会社都合の退職で失業手当が支給されないとか・・その他たくさんある。
恋愛といった柔らかいカテゴリーもあるが、やっぱり仕事関係の不満をぶちまけるといった性格のコメントの方が多いようだ。

豚のトブ太君に不満エネルギーを注入してトブ太君を遠くに飛ばすゲームみたいになっていて(なぜUFOが出てくるのか、よくわからないが)その距離でランキングされる。

これがけっこう面白い。

誹謗中傷の掲示板ではなく、豚の可愛いキャラクターで笑い飛ばそうといったコンセプトなのかな?
サイトの人気は、不況で雇用環境が悪化するに連れてアクセスが上がっているんだとか。

不平、不満の溜まっている方はぜひどうぞ>>>全日本ご不満放出選手権



posted by ぷあワーカー at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感心した事

赤ちゃんポストは誰を救うか

親が育てられない新生児を匿名で受け入れようと、熊本市の慈恵病院が計画している「赤ちゃんポスト」が5日、正式に許可されました。

「命を救うための緊急措置」と評価される一方、「捨て子の奨励につながる」との声もあるそうな。

病院としては育児放棄や虐待から子供を救いたいとの措置だとは思いますが、その理念が捻じ曲げられてしまう危険性はあると思います。

安易に子供を捨てる親は現在でも多くいるわけで、そういった親たちにとっては「合法的に子供を捨てられる場所」として認知されてしまう可能性は指摘されているとおりだと思います。

厚生労働省が出産や育児に悩みをもつ親のために児童相談所や市町村などが設けている相談窓口の周知を徹底するよう通知した措置は、ある程度このような親に対しては有効かも知れません。

しかし、そういった最初から親として不適格な人達だけでなく、必死で育てようともがく人たちにとっても、子供を捨てる免罪符もしくは安易さを生み出してしまうのではないでしょうか。

今後、熊本市周辺では「障害児の親」が激減あるいは居なくなるような気がします。
待望の子供を授かって、生まれてみたら障害があった。という場合に、本来ならその子供を育てていくであろう夫婦に「赤ちゃんポスト」が今までになかった選択肢を与えてしまう。

ダウン症やその他の染色体異常、脳性麻痺や奇形等の生まれて直ぐに分かるような障害児が生まれた場合、「赤ちゃんポスト」という選択肢が「普通の夫婦」を狂気に走らせることに、なりはしないでしょうか。

慈恵病院の子供を救おうとする理念はたいへん立派で、その行動力にも敬意を表したいと思います。
その理念が曲げられ、「障害児捨て場」にならないことを切に願います。
posted by ぷあワーカー at 00:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 感心した事

ステンレス製車止め支柱のお値段は?

ステンレス製車止め支柱など金属製品の盗難が相次いでいるらしい。
茨城県と埼玉県で、ステンレス車止め支柱が計26本盗まれていたとか・・・

値上がりしているステンレスの転売が目的らしいが、資源の乏しいこの国でも、探せばいくらでも資源があるということか。

なんで、こうなるのか!というと、中国の経済成長が原因だそうだ。

・中国の銅消費量が90年には51万トンくらいだったのが、05年には364万トンにまで増えたこと。
・自動車の急増や建物の建設ラッシュで多くの金属が必要になっていること。
・北京五輪に向けて社会基盤の整備も急ピッチで進んでいて、金属の需要が大きいこと

さらに、インド、ブラジルなどの新興工業国でも金属の需要が伸びていて、需要の増加に対応できていないこと。

そんなこんなで、金属が世界的に品薄になり、価格が高騰しているらしい。

そこに目をつけたのが”ルパン三世”・・・ではなくて(笑
窃盗団なのだろう。

ステンレス製の車止め支柱のほかには、給水管蛇口 56個、 半鐘 24個、鉄板100枚(180トン)送電線が1000キロ(長さ)以上・・・

だとか。

すごいですよね。
資源の再利用ならぬ資源の転売利用です。

1夜にして想像もつかないような物を盗みとる。まるでイリュージョン。

どっかのオークションサイトででも売りさばくつもりか。

yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070225-00000018-maip-soci

posted by ぷあワーカー at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感心した事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。